2021年1月23日土曜日

串カツだるまの上山会長と俳優の赤井英和氏

コロナ禍の中でも時は止まらず、しずしずと進行する。今日はわずか6日前の日曜日に最終合格した者を含めて多くの小学校6年生が受験生の身分から浪速中学校新入生になる為の「身分変更の手続き」で登校してくる。入学許可証明書、授業料等の納付、通学路の確認、通学定期券の購入説明、制服採寸、体操服、体育館シューズ注文等が粛々と行われる。次回は2月27日で更に準備が深く進む。「新入生心得」「生徒生活指導部からの説明」「ICT教育」等々根幹部分への説明に進み、もうこの段階で「春季課題」としての宿題が課せられる。そして「4月5日入学式」となりその翌6日には「宿題実力テスト」で真の意味の学力検査となる。今後の指導方針の為である。更に翌「7日が始業式」でこの日、学院神社の「春季例祭」があり、大神様からお祓いを受けて名実ともに浪速中学校の1年生となるのだ。「この先6年間のロングフライトの離陸準備」である。 


令和3年度の高校入試の出願にも浪速中学の3年生が既に出してくれており、全て当然だが専願であり、心強い限りである。中学1年生から高校3年まで浪速学院で学んでくれる生徒は通称「内部生」と呼ばれ、私は民間出身らしくその昔親しみを込めて「家の子、一族郎党の生徒達」と称したら人権派の教諭から「先生、それは些かまずい表現ですよ」と注意された事があったが、気分はそのような思いである。学校と言うのは実に「妙なるもの」があり、我々が入学を許可し卒業させた人々には特別な感情がある。わずか6年、わずか3年の間、同じ敷地にて時を過ごしただけと言うのに学校には「教え子」と言う言葉があり、教え子同士には「同窓生」という言葉がある。特に同窓同士には「絆みたいなもの」が生まれてくるから不思議だ。特に高校生の時の思い出は大きなものがあり、共に「クラブ活動」で時を過ごした者たちには「仲間意識」が強い。勉強が良く出来たもの同士と言うのは余り聞かない。

 今日久し振りに、その卒業生が学校に来た。串カツだるまの上山会長と俳優の赤井英和氏である。先に上山会長から電話があって「先生、ちょっと相談ごとがあり、学校に行っても良いですか」と聞いてくるので「良いよ」と返事すると「赤井先輩も丁度舞台が空いているので一緒に」となる。この二人は本校の卒業生と言うより本校ボクシング部の卒業生と言った方が良いくらいでとにかく仲が良い。在学中からつるんでいたらしいしが今や二人とも有名人であり、赤井さんが大阪に来ると何時も一緒だ。上山さんは大阪を代表する名所ミナミの道頓堀商店会の会長さんで今や東京や海外にも出店している串かつやを経営している有名なビジネスマンである。赤井さんは誰もが知っている性格俳優で今や人情ものの舞台でも欠かせない俳優さんで東京を拠点として活動している。



 

彼ら二人は私が入学を許可し卒業させた人々ではないが、事ある時にこのように私を慕い、話を聞きに母校に顔を出してくれるのは嬉しい話である。彼らにとっても「功成り名を遂げ」ても尚、40年くらい前の母校とのつながりは精神衛生上良いのだろうか、実に良い顔をして学校にくる。彼らが教育を受けた教師は今や誰一人として残っていないが、このように汗臭い、いささかやんちゃ過ぎた自分たちの男子校が今や女生徒がさっそうと走り回っている共学となった母校を見て、昔と大きく変容したが、「自分は浪速高校の卒業生だと堂々と名乗る」ことの出来る嬉しさと誇り高さの表れではあるまいか。学校というのは卒業生が胸を張って母校を名乗れる学校でなければならない。今いる学校管理者は何時も卒業生を温かく迎えてやらねばならない。学校管理者が有名になった卒業生に何かを期待するのではなくて学校が彼らに更に何をしてやれるか考えるのが正しい。私は何時もその感覚を忘れてはいない。






2021年1月21日木曜日

浪速高等学校  入学志願書 受付始まる!

中学入試が終わったと思っても我々には次の大きな仕事が待っている。今日から高校の入学願書受付である。正式には「2021年度浪速高等学校 入学志願書」の受付である。志願書の冒頭には「浪速高等学校長様 貴校第一学年に入学を志願致しますので検定の上、許可くださいますようお願いします」とある。定型文である。一昨年から出願方法として「WEB出願」を導入したが、コロナの影響か?今年は何と85%がウェブ出願となっている。時代の流れだ。これも「ニューノーマル」である。そのうち100%になるだろう。しかし公立中学校の進路指導はWEB出願と言っても受験場所の確認のため「学校に出向くよう」指導されているから受験生は本校に三々五々と2月2日(火)の出願最終日まで足を運び「受験票」を受け取らないといけない。受験生の登校にはピークがあって今年はどうも27日の高校の卒業式前後になると入試広報部は言っていた。 



従って学校には紙志願書、ウェブ志願書に「郵送出願」の三つの方法がある。混乱し間違えないようにしなければならない。過渡期の問題だろう。事前の相談件数等から出願数は大体読める。昨年度に比べて今年は「増えそう」との感触を持っている。中学校が増え、高校も増えたとなると、嬉しい限りである。昨年4月に新体制が発足し、コロナ禍の中で思うような学校行事が出来なく、高校、中学の校長はじめ教職員は辛い思いをしただろうが、受験者と保護者は「ちゃんと浪速を見てくれていた」という事だ。本校で働く教職員の「至誠」と新校舎の武器である「ICT武装されたシティスクール」が評価されたと思っている。真面目に良い仕事をすれば「結果は後から付いてくる」のである。志願書の受付では丁寧に、温かく迎え、専願、併願、科コースの間違いなどあってはならない。この点を高校校長がキックオフで強調して注意していたが、大変結構な事である。人間誰しも間違いはある。しかしその発生間隔と大きさは努力と緊張感で遠ざけ、縮小することが出来る。 


本日も非常事態下と言っても訪問者は後を切らない。今日も出入りの松本楽器店の社長、西尾家具の会長、社長、次いで本校バドミントン部の指導者として大阪バドミントンカレッジの幹部お二人に来て頂いて正式に契約を交わした。指導には定評があるこの先生方をコーチとしてお迎え、10年以内には全国のバドミントン強豪校に育てる積りである。指導者の先生は腰まである長い髪を後ろで結んでおられたのには驚いた。「あれはバドミントンで邪魔にならないのだろうか」と内心思ったが、髪の長さと指導の腕は関係ないから黙っていた。次いで午後には本校のメインバンクであるりそな銀行の支店長が来校され、コロナに拠る市中の金融状況など色々とお話しいただいた。このような外部のお方の話は大いに勉強になる。幾ら不要不急の外出は控えると言っても限界がある。私の部屋の空気清浄機と学校全体の室内換気システム、それに強力な武器であるマスクでコロナは撃退できると踏んでいるから、喜んでお客様はお迎えはしているのである。




2021年1月19日火曜日

本日その② 浪速中学校の風向きが変わった!二次入試も好調

今日は「浪速中学校二次入試の日」である。高校も中学も平常の授業が行われているから、試験会場は中央館の8階の視聴覚教室と保護者待機室は図書館である。良いものを作ると何時までも美しい。土日の休みもなく正直年寄りには少々きついが、中学校や入試広報部の先生方が頑張ってくれているのに私が休むわけには行かない。最もしんどいのは受験生の小学校6年生である。子供たちが必死に本校を目指して頑張っているのだから、大人の我々はこれまた必死に受け止め、無事に作業を終わらせなければならない。本日で入試作業はほぼ終わるが厳密に言えばまだ完全終了とはならない。「2月入試」と言うのがあって、本校では「2月5日に実施」する。親の転勤やまだ行く先の決まっていない生徒の為に門を開けておくのである。例年一人か二人の受験生がある。私立中学を経営している学校法人は府内に60校あるが、高校は96校だから差し引き36校は高校のみの学校法人である。これらの法人の理事長から「中学校はしんどいでしょう?」と聞かれることが昔は多くあった。私は「中学校こそ面白いのですよ」と答えるようにしていた。本当にチャレンジングで面白い。「病み付き」になるくらいだ。

 

募集も教育活動も高校に比べて苦労も多いが私は先生方に「教育の原点は中学校にあり」と言っている。39、34、70、107、119、121、120、88、67、69、94、95、91、102、107、137。これらの数値は何だとお思いでしょうか?実は平成17年度から去年までの入学者数である。これを見れば変遷が良く分かる。涙ぐましい16年間であった。某大学との連携に全く想像だにしない事態が相手側から発生し、大きな騒動になり、私は訴訟一歩手前まで考えたが生徒の事を考え、「悔し涙」をこらえて法廷闘争だけは止めた。そして完全にその大学とは手を切ったのである。その時の影響は数値に出たが「なにくそ!」と思い、歯を食いしばって頑張ってきた。そして昨年の137人の数値が出て当時の数値をはるかに超え従来の3クラスから4クラスとなった。令和2年は名実ともに新しい浪速中学校に生まれ変わったのである。

 


そして2年目の今年はどうなるか、じっと眺め,指導・激励していたが、入学者予想は昨年の新記録を抜く可能性がある状況になってきている。今日の入試の受験生の数と内容を見ると4クラスを間違いなく維持できる見通しとなった。凄いことである。歴代1位の生徒数が期待できるところまで来た。偏に入試広報部と中学校の頑張りであり、心から感謝致したいと思う。どうも昨年から「風向きが変わった」感じだ。府内60の私立中学で22番目に生徒の多い中学校である。2年連続だ。トップグループの最後尾だが嬉しい限りである。今後とも焦らず「丑の歩み」で良いから一歩一歩前に進めて行く。しかし嬉しい。 


中学入試はほぼ山場を超えて明日は「束の間の休息日」とした。中学、高校共に休校である。高校は来月の入試の先取り休日である。そして明けた「21日からは高校願書の受付」が始まる。こちらも大変だ。数は府内96校のトップ10校に入っている大規模校だから受験生の数は中学の10倍は軽く超える。そちらも学校法人としては重要である。心して進めていきたいと思う。現場からコロナ対策で窓を開け放っているので「女子受験生の為に温かいひざ掛け」を用意してやりたいと言うので「二つ返事」で了承した。1000枚も要るが「よっしゃー、アイヨ!」って感じだ。こういう時の私はすこぶる機嫌が良い時である。

本日その① 「産土神の御魂を分霊せしめ、お祀りせよ」

昨日の美原区にある総称「高天原スポーツキャンパス」第二期工事の「乾坤一滴ドリームフィールド(Kフィールド)」の施主検査は実に感慨深いものだった。平成29年9月に地鎮祭を行って以来、実に4年、あの広大な5メートルも段差のあった草原が今見事に競技場として蘇った。前から因縁のあったこの土地に今生徒がスポーツを通じて自らを高める教育施設として集う場所が完成したのである。私はクラブハウスの最適な場所にスポーツキャンパス全体の神様として「産土の神」を神棚でお祀りする。そして国旗掲揚台の傍らに日本の総氏神として伊勢神宮を遥拝する「遥拝所」を建立することも決めた。神社神道の学校として大切なことである。こういう事を意識して行かないと、私学の本校は本校でなくなり、日本人は日本人でなくなり、日本は日本でなくなる。今生きている我々は遠い、遠い先祖から今に続いており大地に行かされてきた。「神々の国」、それが日本である。 


「産土」は(うぶすな)と読む。間違っても(さんど)とか(さんつち)と読んではいけない。まあ、今の世の中だから恥をかくことはないが知っている人は素晴らしい教養の持ち主と称賛されるだろう。漢字変換でやってみると、ちゃんと変換されるから。「産土神」は人間一人一人にとって「オンリーワンで一生守ってくださる神様」だと思うのが分かり易い。よく「氏神さま」と間違われるが、家と個人の区別と私は理解している。氏神は住所でどこの神社かというのがある程度特定されるが、産土神はたとえ同じ住所に生まれた親子や兄弟でも別々の神社になることが普通で、その理由は、魂と前世や先祖が関係して、その人の一生の産土神が決まるからである。

 


言い方を変えれば産土神はその者が生まれる前から死んだ後まで守護する神とされており、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられている。産土神への信仰を「産土信仰」という。又産土神は安産の神である産神とも関連があり、日本中、どこへ行っても産土神社があり、産土神が祭られているから、 「産土神と産土神社は、日本神道の根幹をなす存在」だと言える。このように昔の日本人は、産土神社に参拝することを生活の一部としてきたが、産土神と産土神社を知らないという日本人が驚くほど増えてきたのも事実である。あなたの産土神社はどちらの神社ですか、と尋ねられて、即答できる人は本当に少なくなっている。

 




とりわけ都会に住む本校の生徒も、産土神社とのかかわりが甚だ薄くなっているから何らかの手を打つ必要性を感じていた。人間誰であれ、父と母から産み出されたことに変わりはなく、ならば、産土神の産霊(ムスビ)によって産み出されたことに変わりはない。自分の肉体形成の原点である、父と母と産土神に感謝の心を向けるということは、自分の生命力の根っこに栄養を補給することになるのである。先ずは産土神とどこかで繋がっていることが重要であり、ここスポーツキャンパスの守護神として「産土神社の御霊を分霊」してお祀りすることは大きな意味があると考えた。私が今やらねば未来永劫誰もやらないだろう。だから今やる。産土参拝をこのキャンパスに取り入れることで、生徒達には自分の人生を切り開いていって欲しいと思う。「貴方にはオンリーワンの神様が付いている」のだ。

2021年1月18日月曜日

Kフィールド完成・最終施主検査終わる!!

 











本日、午前中予てから予定していた、堺市美原区にある「高天原スポーツキャンパス・浪速乾坤一擲ドリームフィールド(Kフィールド)」の最終施主検査を理事長・学院長先生がなされました。

先生は隅々まで、検査され、大きな手直し等は無く、「素晴らしい!!素晴らしい!!」と終始感嘆され、ご機嫌なご様子でした。

施主検査の中で、先生は金色に輝く門扉の表札を非常に気に入られ、続いてグラウンドに移動し、非常にクッション性のあるトラックで試走をされ、感触を確かめておられました。

竣工式に関しては、コロナ禍の中であるという事を考慮し、非常事態宣言明けにしっかりと感染対策をしながら、学校関係者による使用始め式、工事関係業者、理事会・評議員会の方々をご招待しての竣工式を行う予定です。

最後に先生は、工事関係業者の方々に、「この工事は自分の中では住吉区の新校舎建設に継ぐ、一大事業であり、大変良いものを作っていただきました!」と深々と頭を下げられ、御礼の御言葉を述べられました。(K

2021年1月17日日曜日

大阪府私立中学校入学共通テスト?

大学入試センター試験の後を継いで初めての実施となった「大学入学共通テスト」の初日が終わった。今日も行われ、数学と理科である。初日の問題の分析は新聞各紙や各予備校のネットでの配信なども一様に「問題は難化」して出題の形も思考力などを問う傾向が顕著であったという。科目数が多かろうとも、そのすべての正解と分析が翌日には出ているのだから驚く。大きな進歩だ。私などの「共通一次世代の人間」には想像も出来なかった。社会の科目、地理歴史・公民では「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」、すべてにわたって新傾向の出題が目立っているとあった。外国語では多くの人は「英語」だけと思っているかも知れないが「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」から選択だ。正直言って英語以外のフランス語やドイツ語で大学に進学する生徒がいることにも驚く。時代の流れだろうが素晴らしい。果たして本校の生徒たちのスコアはどうだったろうか?大体明日には判明する。自己採点結果を持ち寄って今後の作戦を練るのだ。 

今日も「浪速のいちばん長い日」が続く。既にネットで合否の速報を行っているが、昔ながらのスタイルで、掲示版での発表が10時。合格した受験者は正式な合格通知を受けとり入学金の納付など手続きを明日の16時までに行う必要がある。同時並行で一次B入試が朝行われ、夕刻はⅠ類選抜B入試が行われる。一次B入試にくる生徒は様々な理由がある。多くの受験生は「本校での格上げ合格」を目指して再チャレンジをしてくる。「どうしても浪速のⅠ類で学びたい」とⅡ類合格を既に果たしていても、主に親心だろうが子どもを激励し「頑張りなさい!」と送り出してくるのだろう。或いは他校で思うような点を取れなかった生徒が本校に切り替えて来るのもある。既に本校や他校で目的のコースで合格を果たしている受験生はB入試を出願していてもスキップし、今ごろはご家庭で「ほっ」と家族皆で喜んでいる日曜日だろう。だから一次B入試は事前申し込み数から大体半分程度に実受験者は減少する。


10時に掲示版で合格発表している傍で1次B入試の答案に向かっている受験生がいるのも不思議な光景かも知れない。これが今日一杯続く。本校は更に来週の19日にも2次入試として受験機会を設けている。他の私立も同じような事をするから、もうここ1週間程度は大阪私立中学の入試は「大変」で言ってみれば「無限の世界」が拡がっているのだ。合否発表時間もまちまち。学校によって試験日、その試験目的が異なるから本命と第二志望校と複数回受験の生徒は本当に大変である。しわ寄せはすべて「小学校6年生の受験生」であり中には受験が4回、5回と続き、「ふらふら」となっているのを想像するのはかたくない。私はこの傾向に対してまさに当事者であるが「改善が必要」だとの思いは年々募っている。



 本校では科目数は算数、国語、社会と理科からの選択で3科目受験だ。これを連日、課せられる子供事を考えると可哀想な複雑な気がしている。だから数年前に二日目の夜型入試は書類審査と面接試験にした。日本の私立中学の中には「算数だけの1科目受験」とか「ネット受験」と新しい傾向が出てきている。いずれそう遠くないうちに中学入試の方法のやり方を真剣に考える時がくると思う。今は本校だけが「突出して」はやれないが、府内私立中学60校が大学入学共通テストみたいな「大阪府私立中学入学共通テスト」が実現すれば、それはまさしく「画期的で革新的」だが・・・、ほとんど不可能かも知れない。 

ところで昨日のアラウンドで教職員への弁当のボリューム感が無いと書いたら早速反応があった。給食業者が「改善する」と理事に電話があったそうだが、このようにすぐ敏感に反応する反射神経が組織で働く人には大切な要素である。「鈍感力のすすめ」というベストセラーがあったが鈍感は好きではない。今日のお昼弁当は大いに改善されて大変良かった。

2021年1月16日土曜日

浪速のいちばん長い日

先日、亡くなられた作家の半藤一利先生の名著「日本のいちばん長い日」という題名の小説と言うかノンフィクション物があるが本校にとっても今日は大変「浪速のいちばん長い日」になる。そして実に「気にかかる一日」である。それは高校3年生の「大学入学共通テスト」があり、同時並行で高校1,2年生は平常授業、中学は「一次A入試」、引き続いて「Ⅰ類選抜A入試」が夜の22時のWEB発表まで続く。だからいちばん長い日なのである。従来のセンター試験に置き換わった初の大学入学共通テストであるがまさにコロナ下(禍)での試験となった。この為学業の遅れを理由に選択できる試験期日、および追試験のために令和3130日(土)と31日(日)、特例追試験のために213日(土)と14日(日)の3日程で実施されるなど異例の形となっている。 

受験もいわば「戦い」である。戦い好きな私は生徒と同じく血沸き、肉躍る感じだ。戦いは勝たねばならない。昨年まで私は会場に出掛けて生徒を激励するのが当たり前だったが今年は自粛要請があって出掛けることが出来ない為、部屋から遠く激励するだけとなった。最後の一問まで諦めるなと心の中で生徒に語っている。「浪高生、頑張れ!」だ。市大前で撮った去年の写真が懐かしい。全国で53万人ほどの高校生が全国630会場で受験に臨んでいる。本校の生徒は昨年までの大阪市立大学から変わって、今年から大阪府立大学が指定されて、今日と明日の二日間頑張ってくれる。教員は昨日まで学校で表現力など受験指導してくれていた。素晴らしい。 

「浪速中学入試」が順調に入った。これも2月まで続く。受験生は欠席が一名であったが体調不良でこの受験生は2月入試に回る。わずか1名の欠席は初めてである。国語、算数、社会と理科の選択受験で「一次A入試」作業は夕刻には作業が全て終わり、17時頃にはWEB発表の予定だ。同時並行で「Ⅰ類選抜A入試」が16時50分から始まり、20時頃合否判定会議を持って終わる。こちらもWEB発表を行う積りで予定は22時頃を予定している。手が離れた関係者は手分けして「明日の1次B入試とⅠ類選抜B入試」の事前準備だ。明日も大学入学共通テストと中学入試が同時並行で進み、浪速の長い一日は二日間も続くのである。私の体調はこのように忙しい方が良い。時間が有り余っているよりか、心に気にかかる事があり、緊張感がある方が体調は良いのだ。何故だろうか? 

中学のキックオフ朝礼では関係する先生方に緊張感も持ちながらもそれ以上にコロナの恐怖の中で緊張している受験生と保護者に温かく接するようにお願いした。何と言っても4月から本校の生徒になる中学1年生でこれから浪速高校まで通算6年間授業料を戴ける大切な人々である。そのことを忘れてはならないとも申したのである。先生方はすべ分かっておられる、それでもしつこく言わねばならない。それが私の仕事であるから。今日は大変忙しいから、昼食弁当、夕食弁当、湯茶等を先生方の為に用意するのも例年通りだ。若い先生ばかりだから私は「ボリューム感」と何時も言っているのだが、手配する職員が食が細いのか、足りない感じがしてならない。食べ物は少し余る位の量を出した方が良い。