2019年2月19日火曜日

古事記と高島神社

私にしては珍しい事だが昨夜は岡山泊まりであった。是非ともこの機会に訪ねたい所があった。それは岡山市の「高島神社」である。今から凡そ2670年程前に 「カムヤマトイワレビコ 」(後の初代神武天皇 )がこの地に8年間も滞在したと古事記には書いている。その神社が高島神社なのである。最も高島の地は色々な所にあるが吉備の国なことだけは間違いあるまい。何しろ2600年以上前の話で住民調査ではないのだから細かいことは言うまい。


 
 

高島神社、素晴らしい場所にひっそりと佇んでいた。何故この地にイワレビコは8年も滞在していたのか、勝手な想像だが、気候温暖、海の幸、山の幸に恵まれ、日向の地を出て疲労困憊している将兵の休息と「大和」を目の前にして船団の整備、武器の準備に時間がかかったのであろうか、超古代史に思いを馳せるのはこれまた楽しいものである。


昨日、トンボ制服の会社を訪問したが古事記にはトンボについて面白い記述がある。神武天皇は大和の地で即位された時に海道東征の途中で余りにも多いトンボ(蜻蛉)に驚かれ、日本の国を「秋津洲」と表現されたが、この秋津こそトンボのことである。確かに我が国は世界の国で最もトンボが多い国(秋津州)である。古事記にはもう一つ蜻蛉に関わる面白い話があって神武天皇から数代あとの5世紀の雄略天皇の時代に天皇がアブに刺されたがそれをトンボがあっという間に捕えたとあり、天皇は歌にまで詠まれている。
いずれにしても高島神社のご創建は神武天皇の御代で、皇紀2600年、昭和15年に文部省は神武天皇高島宮伝説の地と官報にて定めた。この時の天皇は昭和天皇で124代、今上陛下が125代で、この御代も後2ヶ月で御代替りとなり、126代目の天皇陛下が御即位される。ちょうど節目の時に初代の神武天皇海道東征の道筋を訪ねることが出来て幸せであった。

吉備の国とは

「吉備」とは古代に於けるこの地方の名前である。今の岡山県全域よりも大きい範囲を有し畿内や出雲国と並んで勢力を持っていたといわれ、巨大古墳文化を有していた。また、優れた製鉄技術があり、それが強国となる原動力であったとされる。『古事記』中巻、孝霊天皇の段などに兵庫県の加古川以西が吉備であると捉えられる説話があり、加古川を国境としていた時期があると考えられている。


吉備の国が大和政権から衰退を余儀なくされ、その後吉備国の呼称は「備前、備中、備後、美作の国」となった。その中心にいた人物が昨日のブログ「トンボ」との関わりの5世紀の雄略天皇であった。歴史上この天皇ほど謎めいて、闘い好きな天皇はいない。地域国家連合体であった当時の国家をヤマト王権に臣従させて中央集権を進めるために、最大の地域政権の一つ吉備に対して「反乱鎮圧」の名目で屈服を迫った。吉備下道臣前津屋の乱(463年)と吉備上道臣田狭の乱(463年)の「反乱鎮圧」を成功させてヤマト王権の優位を決定づけたのである。


今日は残念ながら雨の吉備の国となったが、まずは備前の国を訪ね、今に伝わる「備前焼」の窯元を見学した。随分前に行った事はあり、日本六古窯の一つで、古代より有名である。前述したように、古代この地方に製鉄技術があったこととは良い粘土があったからである。この幸から備前焼は発達した。古代、中世、近世ではクロネコヤマトなどの宅配便などはないため、信楽、瀬戸など近くに良質の粘土がある所に焼き物は発達したのである。千利休も茶会で備前のお茶碗を使ったとの茶会記が残っており、釉薬をかけない焼締の陶器を「侘び寂び」世界にいざない、今日に伝えた最大の功労者は利休ではないか。




2019年2月18日月曜日

トンボー勝ち虫ー岡山市出張

全ての入試業務が終わり、土曜、日曜と久し振りの連休であった。私にとっては一月以来の休みで、殊更入試が期待持てそうな結果で終わり、心に何の不安、わだかまりも無く気持ちの良い休息時間となった。少し寒かったが。

今日は岡山に出張だ。基本的に学校での生徒との直接的な触れ合いになる学校行事以外で外部に出ることは就任以来していない。管理職の先生方にお願いしているのである。私は学校に「デン」と座って出歩かないのが私のやり方である。
社長さんと常務さん
ところでトンボは古来、武将から好まれた生き物で「勝ち虫」と言われ陣羽織、印籠などの紋所や旗指物のマークなどに使われれいる。トンボは前にしか飛んでいかないことから「不退転」の精神 を表し、戦で引くことのない勝ち戦の象徴として好まれていたからであろう。ちなみに私も信玄袋や草履の鼻緒の紋様は勝ち虫である


この度制服会社を変更したがこの会社が(株)トンボさんでこの世界では有名なメーカーさんである。別にこの会社の社名に惹かれて決めた訳ではないが、不思議なご縁を感じる。
想像していた通り素晴らしい会社であった。制服を変えたのに校長がその会社を見たこともないと言う事ではだめだと思って実際に本校生徒に着て貰う制服の製作過程を見たが十分満足するものであった。高い買い物であり、私には責任がある。

制服は単に着る洋服ではない。誇りでありファッションであり求心力となる。4月に入学してくる中学、高校の一年生はこの新しい制服を纏い誇りを持って正門を潜り、これから始まる「人生の勝ち虫」となって欲しいと思う。
 


2019年2月15日金曜日

美原テニスコート,「着眼大局、着手小局」で駒を進める!



 

 美原スポーツキャンパス第一期工事である「テニスコートとクラブハウス」の工事が順調である。本日久しぶりに進捗状況の観察に行った。施設名は「NANIWA  YATAGARASU TENNIS CLUB(浪速八咫烏庭球倶楽部)」と名付け表門の表札も段取りした。ここには本物に似せた大きな八咫烏の彫像を作り表札の上部に羽ばたいているようにデザインするように指示は既に出した。超立派なものを作ると覚悟を決めている。後で後悔しないように今までも「こだわり」を持って色々な教育施設を作ってきた。お金はかかるが後で十分元は取れる。これが木村流と言えるかも知らない。
クラブハウス1階
クラブハウス2階

竣工のオープニングセレモニーは4月2日(火)10時30分から現地で行う。既に府内のテニス関係者にはご臨席賜る様にご案内状を送付している。その数何と400先以上である。市内テニスクラブの経営者や指導者、高体連関係者、学校関係者他失礼の無いように認めて発状した。今お持ちかえり頂く豪華な「祝い弁当と引き出物」について検討している。私はテニスラケットを模した小さな置き時計が良いのではと言っているが果たして?どちらかと言うと派手にやることが好きだ。ケチケチせずやるならドンと豪華にお迎えし「おもてなし」をしたい。これも木村流と言えるかも知れない。

 

此処のコート5面と、本校地のコート3面、合計8面の最新鋭のコートを使って本格的なテニスクラブを作り育てて行く積りである。そしてここから世界に通用するテニスプレーヤーが輩出することが夢である。夢は大きく持ち、実現させるために一歩づつ細かいところから確実に前進させる。「着眼大局、着手小局」、好きな言葉である。その為にも府内の民間テニスクラブとの連携は重要である。今回の催しもそこに狙いを定めている。勉強もしっかり教え、テニスの環境も最高水準の物を用意し、優秀な生徒を迎え入れるのである。私の時代で実現はしなくて良い。そのような道を作るのが私の仕事だ。

【吹奏楽部】激励金授与式

浪速高校School watch より 転載いたします。
 





本日激励金授与式を行いました。

 

吹奏楽部

 

クラリネット四重奏

・3年A3     西   悠里

・2年A3組    大木戸 美生

・2年A1     西川 望美

・2年T6     福原 花織

 

以上4名は3月21日(木・祝)に札幌コンサートホールで行われる全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社 主催

 

第42回 全日本アンサンブルコンテストに出場が決まりました。

 

理事長・学院長先生より

「北海道はまだまだ寒いので気をつけて行ってくるように」

と激励の言葉をいただきました。

 

高校1.5次入試


本日より、高校1.5次入試が始まりました。
810分より、入試本部会場にて教職員朝礼が行われ、理事長・学院長先生から、「受験生に優しく丁寧な対応をするように」とのご指示がありました。(K

2019年2月14日木曜日

職員会議


本日は、久しぶりに職員会議がありました。
理事長・学院長先生より、新1年生の学年主任とこの度事務所に採用された女性事務職員の紹介の後、先の大学入試センター試験の各教科からの報告を受けて、総括のお言葉がありました。
この内容については恐らく、理事長・学院長先生から、別途ブログに記載されると想像されます。(K