2020年10月31日土曜日

多忙な土曜日

 







本日土曜日は、通常の授業以外に学校行事として、重要な事が2つありました。1つは浪速中学校の来年4月入学希望の小学6年生40名と、その保護者40名をバス3台に分けて、千早赤阪村にある多聞尚学館でプレテスト対策の事前勉強会がありました。

理事長・学院長先生は朝815分にバス3台を見送られ、引き続いて高校については第2回目のオープンキャンパスがあり、多数の参加者をA班・B班に分けて、授業見学があり、その様子を見に行かれました。

その後、先生は大阪護国神社儀式殿で、第38回ギャラクシー賞奨励賞作品の「流れる雲よ」の演劇を鑑賞する為に、学校車で大阪護国神社へ向かわれました。タイトルは『今、日本はいい国ですか?』であり、演劇集団アトリエッジによる公演でした。理事長・学院長先生は、お帰り後「あれは是非生徒にも鑑賞させたい」とおっしゃられていました。(K

2020年10月30日金曜日

「少年法改正」高校3年生はもう大人?

今朝の新聞記事で注目しなければならないのは「18,19歳厳罰化答申」が出たことだ。各紙とも大きく報道している。法務大臣の諮問機関である「法制審議会」が昨日、罪を犯した18歳と19歳の少年?を現行よりも厳罰化する「少年法改正要綱」を上川陽子法務大臣に答申した。諮問から3年かけてようやく進んだ。要点は少年法の改定を現行の20歳未満から引き下げるかどうかだったが、紆余曲折の議論の末、形は今のままで年齢を引き下げずに「一定の厳罰化を図る法令」として来年の通常国会に提案される見込みという。理由は18,19歳は「十分に成熟しておらず未だ”可塑性“を有する存在と指摘」している。可塑性とは柔軟性の意味でまだやる直しが効く年齢と判断したのである。法律用語は難しい。

 

今までと同じように一旦は「家裁送致」とするが重大な犯罪は検察官に「逆送致」し、一般と同じように刑法で裁かれ、「氏名や顔写真など本人を特定する報道も解禁」される。これが前述した一定の厳罰化の意味で恐らく案件は増加するだろう。民法上の成人年齢は2022年4月から18歳に引き下げられるが少年法の改正は前述のようにワンクッション置いた妥協した結果だと思うが、それでも学校関係者は今般の改正を注視しなくてはならないと思う。重大な現行の犯罪として殺人、傷害致死に加え、強盗、強制性交などで刑の下限が1年以上の懲役・禁固の罪が追加された。シミュレーションによれば昨年12月から今年2月までに家裁が行った18,19歳の刑事犯1708人の内逆送対象は3人から何と52人と17倍に広がるという。

 本校では今日10月30日現在で18歳に到達した数は60%程度もいるから今次の少年法改正対象の数は多い。又3月中に幾ら卒業しても3月31日までは学校との関りがあるから基本的に高等学校は高校3年生への責任は有すると考えれば、今回の少年法の改正は重大である。実名報道や顔写真が出れば、在校生、保護者、塾関係者、卒業生等広範囲に影響を与える。案件によっては学校の死命を制することになりかねない。従って今後は生徒指導への視点も法改正に合わせて新たに対処していく必要がある。本校には今まで少年法に触れる犯罪をした生徒は勿論皆無であるが、万が一の事を考え、法律が成立した後の事を想定しながら生徒指導の在り方を見直していこうと考えるべきであると私は今朝、高校校長に述べた。まだ準備する時間は十分あるので、「高校3年生はもう大人!」として学校も考えるということではないか。日常の指導と学校内規の厳罰化も抑止力の観点で考えねばならない。






2020年10月28日水曜日

本日② デジタル・ネイティブ世代とデジタル・イミグラント世代

所定日の11月1日には所用があって大阪都に関する住民投票に行けないので本日不在者投票をした。投票用紙はこのように書いている。「大阪市を廃止し特別区を設置することへの住民投票・賛成or反対」と書いていた。仕方がないのだろうが個人的意見ではこのような問いかけは余り、上手くないのではないか?人間は「廃止」とかいう言葉には少なからず抵抗感があるものだ。まあ、この事は良しとして驚いたのは、NHKが待ち構えていて「タブレット」で色々と聞かれた。賛成か反対か?年齢は?支持する政党は?賛否の理由は?等々でこれらは瞬時に本部に伝送され、分析されるという。恐らく11月1日投票締め切り後長くない時間で速報として投票結果がテレビで放送されるのだろう。

凄い時代になったものだ。出口調査も昔はペーパー方式だったが今や完全なデジタル社会に移行しつつあることを実感した。色々批判はあるが文部科学省の文教役人の中には立派な識者は居て本気で日本社会をリードしよう、支えよう、変えようと頑張っている。私は素直に評価したいと思う。本質的に言えば彼らはプロとして極めて頭が良い人ばかりである。頭の悪い人間があれこれ言うから話しがややこしくなる。文部科学省は大学入試センター試験の後継として来年1月に初めて実施される「大学入学共通テストの出題教科」に、令和7年から「情報」を新設する案を打ち出してきた。今後、大学や高校などから意見を聞き、来年3月をめどに方針を決定し夏には最終的に決定される見通しだという。

現在の中学2年生が高校に入学する令和4年度に高校の新学習指導要領が施行され、プログラミングなどを学ぶ「情報I」が必修となる。大学入試センターはこの世代が大学受験を迎える7年1月の共通テストの教科・科目を検討する中で、「外国語」「国語」「数学」「社会」「理科」などに並ぶ教科として、「情報」テストを新設することにしたのだ。面白いことになった。これでこそ「情報」の教科が生きてくる。今後は大学に進学する為には情報が必須となってくるのではないか。私は思う。単なる一般常識として学ぶのではなくて「厳しい社会を合理的に生き抜いていくために情報を学ぶ必要がある」と考えるべきである。

新校舎建設時に私は中央館に素晴らしい豪華な情報教室を2部屋も作った。今でも情報科の教員が頑張ってくれているが、今回の事で益々「お尻に火を付けて」頑張ってくれるだろう。分かるような気がするが情報の免許を有している先生は少ない。結構難しいらしい。だからどの学校も情報の教員を揃えるのに苦労しているのが実態である。免許取得には数学の免許とダブルらしくて本校で2名の情報免許を有している専任教諭は数学の免許も合わせ持っている。両名とも私が信頼し期待している素晴らしい先生だ。しかし私は二人ではこの先心もとなくこの4月から女性の数学教員を職務免除で学校を離れ、情報の免許を取得するよう依頼し今コロナの影響を受けながらも大学に通い免許取得に頑張って貰っている。素晴らしい情報教室の設置や教員の確保等々、何か自分が打った手が全て具体的に繋がるのがそら恐ろしい。嬉しい悲鳴である。

 デジタルネイティブ(世代) (digital native) と言う言葉がある。児童、生徒、学生時代からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代の事で、日本では1980年前後生まれ以降が該当するとされている。この若者たちは生まれながらにして「IT」に親しんでいる。ゲームやスマホ、パソコンには抵抗感など全くない世代だ。今日も公開授業の参観で中学校と高校の教室に行ったが本校の生徒はタブレットを傍に置いて、いとも簡単に使いこなしている。ところが我々の世代、IT普及以前に生まれてITを身につけようとしている世代をデジタルイミグラント 「デジタル移民」と呼ばれているらしいが、 この移民世代が問題である。教員社会も同じだ。「ICT教育だと?何だ、それは!、授業は黒板でやるものだ、コンピューターがやるものではない!」と叫ぶような教員、「IT資格試験に何回トライしても受からない」では、そのうち立つ瀬がなくなるだろう。 



本日① 理事長・学院長先生 公開授業を参観

 





本日、中学社会科と高校神道科を担当している2人の常勤講師の公開授業が行われ、理事長・学院長先生は授業を参観されました。先生はこの公開授業を大変重要視されており、節目となる教員の授業を最初から最後まで、じっくりとご覧になられました。授業終了後、理事長室に公開授業を終えた教員、そして、教科長と校長先生をお呼びになり、授業の講評やアドバイス等が行われ、真剣な表情で理事長先生のご指導を聞いておられました。(K

2020年10月27日火曜日

大好きな千早赤阪村と本校

私は「千早赤阪村」が大好きだ。この時世にあって「村(ムラ)」という表現が何とも心地良く響く。ご承知のように千早赤阪村は大阪府南河内地域に位置し、南河内郡に属する村である。大阪府で唯一の村であり人口が6000人以下と、最も少ない。「楠木正成」の出身地として知られている。戦前は日本人に最も敬愛されたという、この歴史上の人物である楠木正成公を私自身も大いに心惹かれているのだが、この事が契機となってこの村と関係が生まれた。その他、役行者が修行したと言われる金剛山や棚田などの自然に囲まれた歴史と観光の村であり、村のキャッチフレーズは「太平記のふるさと」「一冊の絵本のような村」だ。戦後、戦争賛美の象徴として批判され、あらゆる場面で大楠公は抹殺されて来たが、最近はNHKの大河ドラマにどうかなどの機運が出てきているのが嬉しい。

 この村は1956年(昭和31年)930日に千早村と赤阪村が合併して発足した。2002年(平成14年)から富田林市・太子町・河南町との間で合併協議がなされたが、合併方式をめぐって対立しこの話は消え失せた。2008年(平成20年)2 あたりの 河内長野市との法定協議会設置議案を村議会が可決し、編入合併の予定で、合併が実現すれば大阪府から村が消滅することになっていた。しかし翌2009年(平成21年)、村議会による河内長野市への編入合併に関する議案に対して反対意見が多数となり、結果、河内長野市への編入合併は白紙撤回され、府内から村が消滅することはなかった。この時以来私はこの村と深く関わるようになった。私は当時の松本村長に「村で良いではありませんか!」と何回も言った記憶がある。

私は廃校となった村立の多聞小学校を村から買い取り、10年かけて大改造し、今や山間部の豪華な山小屋風の「多聞尚学館」という校外学習施設を作った。その後引き続いて「多聞茶寮」「多聞いちご園」「多聞農園・果樹園」「多聞楽舎」と立て続けに「多聞の冠」をつけて私の安息の場所と生徒たちの学習施設を整備していった。多聞とは楠木正成公の幼名「多聞丸」から来ている。馬上姿の楠木正成公の銅像も3Dプリント技法で安く、安く作成し多聞尚学館正門に飾っている。学校を離れて千早赤阪村は生徒達の学力強化と心の滋養となる場所なのである。

 この村には産業らしい産業はない。農業は柑橘類、花栽培、しいたけ栽培くらいで、江戸時代から昭和30年代までは「凍り豆腐(ちはや豆腐)」の産地として有名であった。後は林業であるが何と言っても大阪府で最も標高の高い山である「金剛山」を有しているくらいが特徴である。金剛山登山、参拝、ハイキング、マス釣り等が細々とあるくらいで村内にはコンビニエンスストアが一つもないことでも有名だ。要は何もない村なのである。もし大阪都が実現すれば都にある唯一の村ということになる。何もなくても良いではないか!自然があればそれで良いと思う。最近では村特産の「千早姫」というブランドを掲げてイチゴ栽培に熱心である。だから私はビニルハウスでのイチゴ栽培や果樹園を作った。

 このような深いお付き合いがこの村とはあり、村の教育委員会から依頼され4年前から本学院から教育委員を出している。この度改選期にあたり、現在の派遣者が高い評価を戴き、引き続いて後任者を出して欲しいとお願いの為に本日村のK教育長が来校された。私は積極的にご要望を受け止め、優秀な人材を推薦した。何とこの村の教育長は昔からの知己で元は大阪府教育庁の幹部であった人である。久し振りの邂逅を我々は大いに楽しみ、話が弾んだ。ますます本校と千早赤阪村との関係が深くなる感じがした、「秋晴れ」の良い一日であった。



2020年10月26日月曜日

学校安全衛生管理保健委員会






本日、理事長・学院長先生は拡大管理職朝会を開催されました。そして、午後には本校学校医・産業医である、にいのぶ内科の新居延先生にお越しいただき、理事長室にて、しばらくの間、懇談されました。その後、理事長先生と新居延先生は7階の特別会議室へ移動され、学校安全衛生管理保健委員会に臨まれました。本日から、この会議に学校医・産業医として、新居延先生もご出席することになり、教職員と生徒たちの健康管理について色々とご指導を賜ることになりました。お席は理事長先生の左隣となりました。(K

2020年10月24日土曜日

第1回高校入試説明会

 




今日は第1回目の高校入試説明会の日でした。コロナ対策として初めて、各教室分散によるリモート説明会となりました。理事長・学院長先生は14年間冒頭の校長プレゼンテーションをやって来られましたが、今年、新校長が誕生し、「解放された」と喜んでおられました。

しかし気になられるのか、会場から様子をご覧になっていました。理事長先生は事前に校長先生にアドバイスをされ、その後、校長先生はプレゼンテーションに臨まれました。理事長先生は、コロナ禍の中で昨年より1.5倍多い参加者を得て、また新校長の出来栄えに大変喜んでおられました。入試説明会はこの後、117日(土)、125日(土)、1212日(土)と続きます。(K