2019年12月11日水曜日

今を一生懸命に生きる!


学校には様々なタイプや経歴の教員がいる。「それが良いのだ!」と思う。同じようなタイプの同世代の人ばっかりだったらその組織はもはや活性化など有り得ない死に体ではないか。組織で揉まれて伸びる事も無く、教師としての成長も無いだろう。「人間とはそこまで生きて来た過去の累積の結実が現在の姿」である。過去を恨み悔んでも詮無いことだ。大切な事は明日の自分である。「今を一生懸命に生きる」ことが大切である。常に自らの成長を図る意識と努力が重要である。その為には「謙虚」であることだ。特に教師と言う職業を選択した人間にとって最も大切なキーワードは「至誠、謙虚、努力」だと私は思う。

 
 


来年4月1日に新しく8人の専任教諭を迎える。昨日「内示」をした。内女性が6人、男性が2人となっている。男女差などは関係ない。学校と言う場所の素晴らしさは昔から「男女差は全くない」。1円たりとも男女間で給与差はないし、皆さんが総合職だ。すべての人が最高学府である大学や大学院で学んできた人の集団である。このような組織は学校以外は恐らくないだろう。しかし大学教育と実際の現場で学ぶ内容はまるで異なる。仕事をしながら人間として成長し、真摯に生徒に向き合うのが教師である。世の中に学校の先生ほどやりがいのある職業は無い。「先生、万歳!」だ。

 
 



理事長・学院長Aroundから考える理想の学校像と教師像

○○ ○○

 理事長・学院長Aroundを拝読し、非常に心に残ったのは、以下の3つの記事である。

 ・「グッド・スクール」に向けて(2019516()

・先生は生徒の事を愛していますか?(201935()

・生徒の顔を見るのが好き(201976()

 この3つの中でも、「『グッド・スクール』に向けて」の記事にある、理事長・学院長の目標とする「グッド・スクール」について、非常に感銘を受けた。

 

 私が約4年半前、浪速高等学校で非常勤講師として仲間に加えていただいた時、非常に感動した出来事があった。中央館の完成直後で、工事の関係から自転車を武道館前に駐輪していた時のこと。退勤の際自転車を出そうとすると、数台の自転車が倒れた。その時、私が担当していない学年のダンス部員と思われる女子生徒が4名、その様子を見て走り寄り、「大丈夫ですか。怪我はないですか。」と自転車を起こしながら声を掛けてくれたのである。

 

大学院を卒業してから勤めた学校は前任校である男子校たった1校で、その学校での教師生活が約10年にも及んだ私にとっては、女子がいる空間での授業に慣れず不安であった。いろんな学校の生徒とも接してきたが、このような声掛けができる生徒に出会ったことがなかったので、とても感動したことを今日のことのように鮮明に覚えている。このような気配りや声掛けが日常生活で自然と出てくる生徒を育てる浪速高等学校の教育環境と先生方のお力を目の当たりにし、この学校で長く働きたいと考え、今日に至っている。

 

 理事長・学院長は、「ウイングの広い学校」「色々な経歴や志望を有した生徒が混じって目を輝かせている学校こそ『グッド・スクール(良い学校)』なのである」とおっしゃっているが、正にその通りで、これから求められる学校像だと考えている。生徒がそれぞれに目標とする道を進めるように、「人間を育成する」ことができてこそ「グッド・スクール」であり、そう導けてこそ一人前の教師である。「人間を育成する」とは、決して「エクセレント」な生徒だけを指すのではない。人間として当たり前のことを馬鹿にせずちゃんとする生徒を育てることだと考えているからだ。その点で、理事長・学院長のお言葉に非常に感動した。

 


 私自身、学生時代にある先生からいただいた言葉で教育業界に飛び込む決意をした。「5年後、10年後に、その生徒がそれまで歩んだ道を振り返った時、『あの時頑張って良かった。間違っていなかった。』と思えるように、1人ひとりの将来をしっかり見据えて支え、時には叱咤激励をしながら導くのが教師の勤め」という言葉だった。生徒が2500人いれば2500通りの人生があり、全員が「エクセレント」を目指すとは限らない。「資源の無い日本こそ唯一の資源は日本人だ」と理事長・学院長がおっしゃるように、個々の持つ力を最大限に活かし、自信をもって社会に貢献できるように導く教育が必須であり、ここ浪速高等学校・中学校にはそれがあると考えている。

 

理事長・学院長が「人間として基本的な事を学びながら自分の目標に向かって『努力と忍耐』することのできるような教育、指導、教育環境の整備こそまず教科指導の前に重要だ」とし、多聞尚学館や浪速ふくろうベースボールスタジアム、高天原スポーツキャンパスなどの施設だけでなく、ICT教育に対応した機器の充実などにも、常に最先端の技術を取り入れ生徒がより輝ける環境を提供して下さっている。このような学校は、他には無い。それだけではなく、先生方それぞれの個性を十分に発揮できる環境とサポートが整っていることも魅力である。このような環境があるからこそ、先に述べたような「人間力の高い」生徒が育つのだと感じた。

 

私自身、英語の苦手意識を拭えないまま学生時代を過ごし、それを克服すべく敢えて教師の道を選ぶことに決めて今日がある。そして、ここ浪速高等学校・中学校で、その経験を生徒たちに還元したいと考えている。私が指導を担当するⅡ類やⅢ類の中には、英語を苦手とする生徒が少なくはない。そういう生徒たちに、少しでも興味を持ち、勇気を持って一歩踏み出してもらえるようにすることが、私にできることである。また、生徒それぞれが、将来必要となる英語の力は様々である。幅広い視野を持って柔軟に対応することが、今後も求められる。自らの体験を通して、「ウイングの広い」指導ができるように常に心掛ける所存だ。

 

浪速高等学校・中学校という常に進化し続ける素晴らしい環境で、それぞれの生徒が持つ将来の可能性を見据え、5年後、10年後、そしてその後も、「浪速高校・中学校を選んで良かった。」と思ってもらえるように支え導く力に磨きをかけ続ける努力を惜しまない、そのような教員で居続けることが私の理想とするところである。

2019年12月10日火曜日

「グッド・スクール」

語学研修でニュージーランドに入っている教員から連絡が入り、生徒達が宿泊しているハミルトンは噴火火山の影響はまったくなく平穏無事との事で安堵した。まだ始まったばかりであり、28日までしっかりと英語の勉強をして欲しいと伝えた。保護者は子どもからの連絡で知ってはおろうが学校としても保護者に連絡する必要があり、そのように指示した。このように間髪入れずに報告・連絡・相談(報連相)することは「良い学校」の証明であると信じている

 

卓越した学校、エクセレントな学校、スーパースクール、色々な意味合いを有した学校表現があるが私は「グッド・スクール」で良いと思っている。普通の「良い学校」で十分である。ウイングの広い、多種多様な生徒が楽しんで学校生活を送る、これに勝るものはないというのが私の哲学である。飛び抜けた進学実績は確かに立派で称賛に値するが学校とは単に進学実績を誇るものだけではない。部活動においても確かに日本チャンピオンを出すことは素晴らしいことだ。しかし結果が出ず、多くのクラブで汗を流し涙する生徒を温かく見守り更に激励するのも陰に隠れた教育の一つである。こういうスタイルが表に出てくるのがグッド・スクールではないか。

 


ここに常勤講師の某先生が私に提出してくれた小論文を紹介したい。素晴らしい文章であり、このような先生を仲間に迎い入れることが出来るのは何ものにも代えがたい喜びである。共にグッド・スクールを目指して頑張って行きましょう!


 

「グッド・スクール」浪速を支える一員として

中学校所属 国語科  ○○ ○

 

「理事長・学院長Around」の中で特に心に残るのは、『「人は石垣、人は城、情けは味方、仇は敵」(2019330日)』・『「グッド・スクール」に向けて(2019516日』・『生徒の顔を見るのが好き(201976日)』の3つです。この3つの記事に共通するのは、理事長・学院長が目指される「グッド・スクール」とはどのようなものかということと、「グッド・スクール」を築き上げる上で、教職員である私たちに求められていることについて書かれているという点です。

 

中でも、『「人は石垣、人は城、情けは味方、仇は敵」(2019330日)』を拝読したときは、私自身が4月から「2年目」として働くにあたり、より一層浪速のために、そして生徒のために、努力していこうと身が引き締まったのを覚えています。理事長・学院長はここで「学校は教師で栄え、教師で滅びる。」とおっしゃっています。つまり、「グッド・スクール」としての浪速の未来は、その組織の一員である私たちの手にかかっているのだと感じました。どれだけ立派な城や石垣を築こうとも、それを守るにふさわしい「人」が居なければ、意味が無いのです。

 

理事長・学院長はよくおっしゃっていますが、「グッド・スクール」つまり「楽しい学校」、生徒が朝早く家を出て行きたいと思うような楽しい学校、先生や友達が大好きで楽しい学校を目指すというお考えに、私は深い感銘を受けています。そんな学校に、私も通ってみたいと思うからです。私自身の中学校・高校生活は、とても充実しておりました。毎日勉学に励み、超有名国公立大学そして医学部に合格することが、いわば当たり前のような世界でした。母校のことも大好きですし、当時お世話になった先生方にも本当に感謝しています。

 


しかしそんな学校で所謂「落ちこぼれ」だった私は、どこか肩身の狭いような思いをしたこともありました。そんな私にとって、色々な経験や志望を有した生徒が入り交じり、目を輝かせている学校というのは、この上なく素敵な学校です。「グッド・スクール」の浪速とともに自分も成長していきたい、まだまだ未熟ながら、そう強く感じています。

 

私は、浪速が大好きです。弟がお世話になっていたことだけが理由ではありません。昨年度から様々な職務を経験させていただく中で、多くの先生方のお力を拝借しました。時には生徒に気づかされ、励まされることもありました。決して楽しいことばかりではありませんでした。理事長・学院長もご存知かと思いますが、ICT公開授業の際、計画通りに授業を進められず、恥ずかしながら職員室で大泣きしたこともあるのです。

 

それでも、毎朝門をくぐるたびに、今日はどんな1日になるかと胸を膨らませ、働かせていただけるのは、何よりも周りの教職員の先生方、設備環境、そして生徒に恵まれ、支えられているからだと確信しています。授業の進め方について他の先生方と真剣に話し合う時間も、授業で生徒とコミュニケーションをとっている時間も、休憩時間に生徒と他愛のない会話をしている時間も、どれもがかけがえのない時間なのです。素晴らしいご縁をいただき、浪速に奉職していることそのものが、私の支えであり、日々の原動力になっているのだと思います。浪速は私自身にとっても、いわば「グッド・スクール」なのです。

 

「素直に、謙虚に、感謝の心と笑顔を常に持って」。これは、昨年4月の年度初めの職員会議で、新任教職員代表として先生方の前でご挨拶申し上げた際に使った言葉です。素直に、何でも吸収する姿勢でいること。謙虚に、いつでも学ぶ姿勢でいること。感謝の心で、何事も有り難いと心得ること。笑顔で、いつでも前向きでいること。「グッド・スクール」浪速を支える一員として、これらの事柄を胸に、今後も日々精進して参りたく存じます。教師という職業について私が理解していることなど、まだほんの一部分だと思います。教科指導力、生徒指導力、事務処理の能力、そして人間力など、さまざまな角度から教師としてあるべき自分自身を磨き、努力していく所存です。まだまだ至らぬ点も多いかと存じますが、今後も変わらぬご指導とご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。


 


ICT公開授業研究会






本日、13時よりICT公開授業研究会および各教科分科会が行われ、各地域の学校関係者の方々80名以上が参加されました。理事長・学院長先生はChromebook(クロームブック)、電子黒板等のICTを使った授業風景を熱心にご視察されました。先生は、本校はICT教育の先駆けとなる最先端の学校であり、今後もICT教育に力を入れていきたいと決意されておりました。(K

坂晃典選手凱旋訪問







本日、本校ボクシング部OBのプロボクサー坂晃典選手が理事長・学院長先生を凱旋訪問されました。坂選手は127日(土)のボクシング日本スーパーフェザー級タイトルマッチにおいて6TKOで勝利しチャンピオンになりました。先生は祝い金をお渡しになり、チャンピオンベルトを自らも締められました。坂選手はフェザー級に続いて2階級制覇を達成しました。また、坂選手は浪速高等学校のロゴマークが入ったボクサーパンツで戦い、先生は大変喜んでおられました。先生は、「世界戦を狙うように精進しなさい!!」と激励されました。(K

2019年12月9日月曜日

「至誠の学校,至誠の教職員」



7日の第三回入試説明会も想定を超える参加者を得て大変良かった。安堵しているところだ。これらは全て教職員が頑張って呉れたお蔭である。確かに高級ホテルのような校舎内の美麗さとICT機器などの完備など最新の教育ツール、そして私の声を張り上げてのプレゼンテーションの効果ではない。多聞尚学館から野球専用球場の浪速ふくろうスタジアム、校内の浪速武道館、そして遂に着工した堺の美原区の「高天原スポーツキャンパスが完成すれば、サッカー、ラグビー、アメフト、陸上競技が最高の環境で切磋琢磨出来、「文武両道の学校」の環境が完成する。

 

しかしだ!幾ら教育環境を良くしたところで、これらを使いこなす教職員が「ボンクラ」だったら効果は上がらず、何の意味も無いただの入れ物、箱物に成り下がってしまう。学校はあくまで、そこに働く教職員の生徒の為に働くという「崇高な使命と誠意」だと私は信じて疑わない。従って専任教員に採用するには極めて慎重であり、私の極めて重要な仕事である。令和2年度の専任採用は8人の常勤講師を内定した。その内の一人の先生が以下のような小論文を出してくれた。素晴らしい!私はこれを読んでこのような良い先生を得ることの幸せをしみじみと感じている。



 

「誠実な教員を目指して」
                           国語科 常勤講師 ○○○

木村智彦理事長、先日は公開授業をご覧になっていただき、誠にありがとうございました。木村理事長がいらっしゃったことで、よい緊張感を持って公開授業に臨むことができました。


 さて、この度「『理事長・学院長Around』を読んで、心に残ったテーマを3つ挙げ、そのうちの1つについて、自分の思うところを述べなさい」という課題をいただき、私は、

1.         2019422日「『考えられない、信じられない』」

  2. 20191031日「『偶には緊張する場面があっても良い!』常勤講師の公開授業参観」

  3. 20191012日「なんでもかんでも学校が悪い、先生が悪い?」

3つを挙げさせていただきます。その中でも、特に2019422日「『考えられない、信じられない』」に強い感銘を受けました。その理由は、ブログの中で木村理事長が書いていらっしゃった転校生のご両親の「考えられない、信じられない」という言葉と私が初めて浪速学院に伺った際に抱いた感情が同じものであったためです。


私は小中高と公立校で過ごしてまいりました。そのため、浪速学院の採用試験を意識するまで「私立校」をよく存じ上げず、どこか自分とは遠い存在であるようにも感じておりました。そのような私が採用試験で初めて浪速学院に伺い、校舎を目の当たりにした際に「この美しい建物は本当に学校なのだろうか」と驚愕したことを今でもよく覚えています。加えて、教室のICT機器や天空レストラン等の設備を知るにつれ、「浪速学院は教育の場として最高峰の学校なのだ」と感じました。また、右も左も分かっていない若輩者の私に対し、管理職の先生方は非常に丁寧に面接してくださいました。以上のことから「浪速高校であれば、自分のすべてを捧げて奉職できるのではないか」という思いを強く抱いていたところ、ご縁があって奉職させていただくこととなりました。


常勤講師2年目となった今もこの思いは変わることはありません。また、2年目も奉職させていただく機会をいだたいたことで自らの責任も感じるようになってまいりました。加えて、浪速学院の教員になった今だからこそ、なぜ浪速学院が転校生のご両親が言っていたような「考えられない、信じられない」素晴らしい私立校であるのか、理解できるようになった気がいたします。それは、2019422日「『考えられない、信じられない』」のブログの中で木村理事長が今後の私立学校のキーポイントとして書いていらっしゃった「至誠の学校」といった意識が教職員にしっかりと根付いているからだと感じます。



私は浪速学院が初任校であり、まだまだ経験も足らず、未熟な教員です。授業や生徒との関係の中で悩むことも多々あります。特に今回公開授業をさせていただいた理系クラスの生徒たちがどうすれば国語を好きになってくれるのか、という点にはいつも頭を悩ませていました。このような私ですが、「至誠の学校」である浪速学院の一員として、何事に対しても誠実であろうと努めています。特に生徒との関係、教材研究には徹底して誠実であろうと考えています。未熟である部分を謙虚に見つめ、自己研鑽に励んでいかねばならないと痛切に感じております。


この姿勢は、木村理事長が「理事長・学院長Around」や職員会議において繰り返し説いてくださっていること、加えて木村理事長の意志を理解し、実践される諸先生方の姿から私が学び取ったことです。最近では、誠実であろうという私の思いが生徒にも伝わったのか、理系クラスながらも一生懸命国語に向き合う姿を見ることができるようになりました。放課後に質問にくる頻度も増えたのみならず、授業とは別に何か課題が欲しいということで意欲的に国語に接してくれるようになりました。生徒たちが少しずつ前向きに変わっていく様子を見ていると、自分自身も向上していかなければならないという思いを再認識させられます。



常勤講師2年目となり、教材研究や生徒との関係性等求められるスキルが高くなってきていると痛感しております。一方、教員を大切にしてくださる浪速学院のために期待に応えねばならないと意気込んでもいます。今年度に入って実践されている「教員の働き方改革」や快適な教員ロッカーといった設備を木村理事長のご意向から整えていただき、生徒だけでなく教員も大切にしてくださっていることを身に染みて感じています。教員を育て、大切にしてくださる浪速学院だからこそ、私は誠実に職務へと向き合うことができています。「至誠の学校」である浪速学院の専任教員となることを目指して、日々職務と誠実に向き合い、己を磨き、邁進してまいります。

2019年12月7日土曜日

第3回高校入試説明会






本日は、第3回高校入試説明会の日でした。冒頭より理事長・学院長先生から浪速高等学校の魅力および本校内外の最新鋭の設備が完備された本校自慢の教育環境の紹介がありました。さらに人事面で、元阪神タイガースで活躍された遠山昭治先生が硬式野球部監督に就任し、人も設備も完備され硬式野球部に活気があること、高天原(たかまのはら)スポーツキャンパス内の浪速乾坤一擲ドリーム・フィールドの工事が着工し、東京オリンピックの年には素晴らしい複合施設が完成することを力強くお話されておりました。先生はプレゼンテーションが終わられた後、昨年を大幅に超える参加者数で、大変喜んでおられました。
なお、来週1214日(土)の第4回入試説明会が今年度最後となります。(K

2019年12月5日木曜日

浪速乾坤一擲ドリーム・フィールド工事着工!!






本日10時より高天原(たかまのはら)スポーツキャンパスの浪速乾坤一擲ドリーム・フィールド(Kフィールド)工事着工に先立ち、日本道路株式会社、南海辰村建設株式会社、その他関係会社出席の元、キックオフミーティングが行われました。この広大な土地にはサッカー部、ラグビー部、アメリカンフットボール部、陸上部が活躍できる、全面人工芝、夜間照明、植樹を隅々に敷き詰めた、他にはない素晴らしい複合施設が作られます。理事長・学院長先生はこの土地の入手に関する経緯を述べられ、期待するものが非常に大きいと述べられました。また、先生は関係業者の方々に、激励と期待の意味も込めて、本学院特製プライベートブランドの焼酎「天孫降臨浪速学院」を贈呈されました。(K